2014年1月7日火曜日

心が押しつぶされそう辛い時に出来上がった「Lonely Night」

さて、次にやはり、思い入れがある歌の1つ「Lonely Night」

これは、離婚する、しないという時に、原型が出来上がった歌の1つでした。本当は、もっと前にあったのですが、格好ばかりを追いかけていた時の歌は、なんの説得力もありませんでした。

会社から帰ってきても、妻は、背中を向けて寝てしまっている。働いて来た自分は何のために生きているのだ?

自分は、家族のためになっているのか?
無力感や孤独感を強く感じて、もう生きるのもイヤになる寸前。

こんなときには、パチンコやギャンブルに走る。または自殺をしたくなる。
その道に半分足を突っ込んだ時期もありました。

でも、何とかしたかった。そんな時に出来た歌です。

https://soundcloud.com/kazu-jakarta/lonely-night-in-jakarta

これが、ジャカルタに来てやはり、毎日の仕事に追われ、何のために生まれてきたのか?本当にこのままでいいのか?

病でベットの上で寝ているときや仕事のストレスに心が引き裂かれそうになった時に、このような歌詞になりました。
コメントを投稿