2015年9月21日月曜日

「SamuraiBlue」との再会とライブ

「SamuraiBlue」との再会とライブ


先日、ジャカルタジャパン祭り2015の前の日にBSDという地域にできた、「イオンモール」で100日記念祭というイベントで歌ってきました。
 "100 Days Celebration COOL JAPAN" di Aeon Mall BSD City.
これは、久しぶりのライブでもあり、コラボレーションしたバンドも2011年に一緒にやってから久しぶりでした。

https://www.facebook.com/samuraiblue.band

この前回いっしょにやった時も同曲「東京ラブストーリー」のテーマ曲をドゥエットさせていただきました。
このバンド「Samurai Blue」のリーダーは、「サテリオ」と言いますが、彼は、昔から日本文化が好きで、J-Rocksとも仲が良かったり、一緒にプロモーションビデオを取りに、原宿まで行ったりと。またそのあたりからか、コスプレ大会にも多々参加していました。

そんな中、僕たちは、Youtubeで出会いました。これまたSNSの力ですね。しばらくしてOFFラインで会ってから、この2011年のコラボになったわけです。

もう一曲は、最近僕がアップしたのを、彼が見たせいもあり、「Harus Terpisah」のカバーをドゥエットしました。これは、もちろん僕のバージョン(日本語とインドネシア語両方を含む歌詞)でしたが、これも上手く行きました。

二人がこの歌を歌い終わった時に、会場から自然と湧いてくるような拍手をいただきました。鳥肌が立つような感動でした。以前「Sakura Matsuri 2015」で歌った「Terima kasih cinta」時にいただいた拍手と同じ、あるいはそれ以上の感動でした。

これからも応援してください。
ジャカルタ音頭も紅白歌合戦に出たい!

2015年9月17日木曜日

今年のJJM2015は、ジャカルタ音頭ではなくトンボでした。

Cu Wong という面白いアーティストを手伝うことに。

彼は、インドネシアの大スターのアーティストの「イワンフォルス」が大好きで、
インドネシアのギネスに相当するもので、彼の歌をメインに40数時間歌い続けるという快挙を残した人物。

そんな彼とは、共通の友人でもある、シギット俺の夢」というブログを書かれているさんの紹介で出会い。

手伝うことに。
シギットさんの勧めで、長渕剛の歌をカバーするようになり、せっかくなら日本人がいる前で歌わせたいということとなった。

彼の歌の抜きん出ている所は、その声である。心にグッと入って来る声質だ。
そんなこんなで、長渕剛の曲調が合うように思えていました。


真ん中に居る彼です!

3曲、トンボ、乾杯、順子、最後に、イウォンフォルスの歌「Kemesraan」というステージで、頭と終わりのコーラスを担当。

思惑は当たり、トンボは、日本人の何処かに引っ掛かったようである。


心に刺さり、来年にさらなるリクエストをする人から、ダメだよという、不快感を出す人まで、何かを日本人の心に跡を残したようでした。

歌詞はわかったようであるから、それもOK. 来れなかった日本人にも聞かせたい彼の声です。
つづく。

2015年9月15日火曜日

Alasan untuk menyanyikan kembali musik populer di Indonesia

Aku punya Alasan untuk menutupi musik populer di Indonesia(Aku punya Alasan untuk menyanyikan kembali musik populer di Indonesia)

Karena saya pikir ada pemuda (young generation) yang suka budaya Jepang lucu2. di indonesia

Mereka telah mengetahui Musik Rock yang terkenal di Indonesia juga.

Kita belum mempunyai lagu-lagu banyak yang lirik campur bahasa Jepang dan bahasa Indonesia Cover song (penutup lagu ) juga.

Saya mengerti bahwa lagu ini belum bisa diterima oleh rakyat Indonesia biasa.
tapi saya yakin ada orang yang suka lagu jepang yang lewat online youtube, facebook, twitter juga.

Kemudian Saya yakin memiliki Orang-orang yang ingin mempelajari Bahasa Jepang sungguh-sungguh.

dan tampaknya,
mereka sangat tertarik lagu-lagu saya ( cover indonesia rock dan pops dengan bahasa jepang dan indonesia )

karena itu, kalau anda menonton Channel Youtube saya ( " like" button dan komen )
anda mungkin bisa mengerti itu...




Di satu sisi, orang jepang pun memiliki Hal keuntungan.

karena saya yakin penyebaran Bahasa jepang dan musik populer Jepang penyebaran dengan kegiatan ini..

Jadi saya akan terus