2017年9月14日木曜日

お掃除 ユッ!<Osoji Yuk > JJM 2017


ジャカルタお掃除クラブのメンバーとまた
楽しい思い出ができました。関係者の皆さんありがとうございます。
今年の「ジャカルタジャパン祭り2017」での活動です。




写真にもありますが楽しそうでしょう?
正直、お掃除クラブは、アイドルグループとは違いますし、人が見ていないところで
黙々と作業を行うので、とても地味です。でもそんな彼らが居るから、その会場に居る人たちは
綺麗な会場でイベント参加することができるのも確かです。

「縁の下の力持ち」的存在です。昔、小学校の頃私自身がそうのように言われたのを思いまします。
小学校の担任の先生が、成績表の備考欄に書いてくれていたのです。

とにかく、この歌もきっかけ(縁の下の力)になって、インドネシア全土で「お掃除ブーム」を起こしたいぐらい。どうせやるなら大きく行きたいですね。

そんなことを考えていたからではないでしょうけれど、「コンパス」のネット版の記者からインタビューを受けました。担当の女性は、僕らがステージで弾けていたのをみて、ブースに来ていただきました。お掃除クラブのお話はもちろん、私がなぜこの歌を作ったのか?その狙いは?またインドネシアでの僕の音楽も聞いていただきました。



これからも縁のある場所で歌っていきますし、リンクを貼っておきますので、まだの方は是非一度は聞いてみてください。歌だけ聴いても、元気になりそうな、思わず歩き出してしまいそうなそんな歌です。


「ジャカルタお掃除クラブ」をよろしくお願いします。またもしお時間があればこの活動に参加してみてください。
連絡を取りたい方が居れば私に連絡いただいてもご紹介します。




2017年9月11日月曜日

インドネシアと日本のための盆踊りの歌がなぜないんだ?

この想いを叶えるために作られたのが「ジャカルタ音頭」でした。

ジャカルタジャパン祭り2017

今年も参加させていただきました。
感謝感謝です。
「ジャカルタ音頭」を歌うことができました。
この歌は、この日「ジャカルタジャパン祭り」のために作られたものでもあります。

その昔10 年以上も前の話ですが、僕と「Hattori」氏が二人でこの名前が出来る前から、ジャカルタで行われる
インドネシア人と日本人のために行われていたお祭りで、日本で使われる「盆踊りの歌」
はあるけれど、インドネシアと日本のための盆踊りの歌がなぜないのだ?
を考えた末に出来上がったのが、この歌でした。

だからこのお祭りで歌わせていただくのは、格別の味わいがあります。
「ジャカルタお掃除クラブ」の歌を作ったのも、インドネシアと日本の友好のためですが。
この歌といっしょにメインステージやミニステージで、目の前のみんなと楽しみながら
歌いならが、踊りながらパフォーマンスできたことに嬉さと感謝を申し上げたいです。

メインステージの舞台袖で、このようにお掃除クラブのメンバーとMinoriのメンバーとの楽しい一枚もできました。


またやろうね〜



2017年5月24日水曜日

チカラン音頭もやはり日イ友好!

今度の音頭「チカラン音頭」は、
日系企業の工場が集まる「チカラン地域」にスポット
を当てた歌になっています。

工業団地名は以下の通り
MM2100、Lippo、Jababeka、Ejip、G.I.I.C(Deltamas)

歌詞にも出てきます。


そこには車部品や電化製品部品工場が、それはたくさんあります。
そこで働くインドネシア人や管理する立場の日本人もたくさん働き住んでいます。

そんな彼らに敬意を表し、または感謝しながら、歌っています。
日本人からすれば、彼ら無しの車の生産はないわけだし、彼らが真面目に働いてくれるから、日本車がインドネシアで走ることができます。またはその他海外でも。

そんな中働く日本人の少数ですが、インドネシアでお嫁さんをもらったり、
あるいは、一生懸命現地の風習になれるように努力されている方がいらっしゃいます。

そんなインドネシア人と日本人の相互理解の意味も含め作りました。