2016年5月30日月曜日

Wawancara (Yuk Kenal Lebih Dekat dengan Kazu-san! dari Japanese Music Radio)

前にインタビューを受けたことを書かせてもらいましたが、
内容がわかりました。
以下は、Japanese Music Radio のインタビュー記事の抜粋

Kemarin saya sudah bilang bahwa  berwawancara dengan saya mingge kemarin..
jadi sekarang saya memperkenalkan kalimat kemarin sedikit..

yang semuanya tentang secara terperinci silakan baca di sini  juga ya..

--------------------------------------------------------------------------------------
Pernah denger lirik ini?
“Malu buang sampah semnbarangan, Malu buang sampah sembarangan, Keren buang sampah pada tempatnya…”
Lirik tersebut merupakan penggalan lagu dari “Osoji Yuk!” yang diciptakan oleh laki-laki berkebangsaan Jepang, Kazu Hayashi. Lahir pada 9 Mei, lelaki yang akrab dipanggil Kazu-san ini yang menciptakan lagu Osoji Yuk! loh!
Ternyata, Kazu-san sudah tinggal di Indonesia selama 17 tahun lho, J-Friends! Sugoi! Alasan Kazu-san sendiri adalah ingin menggabungkan lagu Jepang dengan lagu Indonesia. Kazu-san yang sudah akrab dengan dunia musik memulai karirnya saat di bangku SMA dengan membuat sebuah band. Ketika menjadi mahasiswa, Kazu-san juga berkarir di dunia musik, tepatnya di Tokyo. Pada 1987, Kazu-san mulai membuat rock band bernama Degrees dan malang melintang selama 2 tahun di Tokyo. Di tahun 1988, Kazu-san memulai debutnya untuk komposer dari perusahaan Victor Music, untuk membuat jingle dan lagu untuk artis baru selama 3 tahun. Pada 1991, Kazu-san menjalani solo live di Tokyo selama 5 tahun lebih.
Nah, pada 2003 Kazu-san hijrah ke Indonesia dan memulai live bersama composer di Indonesia nih, J-Friends!
Yuk kita sesi tanya jawab dengan Kazu-san :
Lagu coveran dari penyanyi atau band Indonesia yang pertama kali Kazu-san bawakan di Indonesia?
“Lagu-nya ada I Will Fly by Ten to Five dari Show Jakarta Culture Club, Cinta ini Membunuhku oleh D’Masiv, bisa diakses di youtube Kazu Jakarta, ada juga lagu dalam bahasa Jepang yaitu 11 Januari by Gigi dan Munajat Cinta-nya The Rock.”
------------------------ berikut---------------------------



waktu itu mereka mau bikin album baru, tapi belum di release lagi.
mungkin tahun ini ya...

2016年5月27日金曜日

スーパーマーケット「パパイヤ」で買える付録付き「ジャカルタ音頭」音楽CD

ジャカルタ音頭がインドネシアで唯一売られているのが、ジャカルタにあるスーパーマーケット「パパイヤフレッシュギャラリー」さん。

bisa dibeli "Album Jakarta Ondo" 
dengan lampiran ”Jakarta Ondo Versi Dangdut & Papaya song ( lagu supermarket papaya )"

ブロックMのムラワイ店は、もちろんブミマスアパート店でも手に入ります!
でも先日見た所、ブミマス店さんの商品は、「パパイヤソング」が入っていないバージョンでしたので、来週には交換しておきますのでよろしくお願いします。

ちなみに、付録として収録されているのが、「ジャカルタ音頭ダンドゥットミックス」と「パパイヤソング」です。


さらに本店のムラワイ店さんの在庫が切れていたので、先日補充しておきました。これも重ねてご案内申し上げます。

皆買ってね!


2016年5月25日水曜日

【Japanese Music Radio】からインタビュー

先日書面でこのインターネットラジオよりインタビューを受けました。
このラジオは、日本の音楽に興味がある若者から支持されているインドネシアのラジオです。
このTwitter、Facebookやホームページは、最近の日本の音楽事情を取材して、更新している団体です。
またさまざまなDJが居て、それぞれに興味のあるアーティストを取り上げているのも、興味深いです。
もちろん音楽プロデューサーが居るのでしょうけれど、DJの自由度が高い所で、さまざまな日本音楽を紹介してくれています。

今回、インドネシアで「コンポーザ」として活動している僕ということで紹介されていますが、
このインドネシアの現場で活動している日本人はおそらく「Kazu」私だけでしょうから、
その辺も興味を持っていただいた理由の1つでしょう。

この場を借りて、【Japanese Music Radio】の「Dalilla Uzma Kaspuri」ちゃん。ありがとう。

ファンの皆さまへ
是非、日本に「ジャカルタ音頭」を広めたい、これからも応援よろしくお願いいたします。
日本にも行きますので、是非呼んでください。