2016年12月20日火曜日

最近のブログアクセスが桁違いに上昇!



2016/12/13 9:00からの
一週間ぐらいの間にアクセスされた数が以前に比べ桁が違った!


Alasan untuk menyanyikan kembali musik populer di Indonesia
http://kazujakarta.blogspot.co.id/2015/09/alasan-untuk-menutupi-musik-populer-di.html
589回のアクセス

インドネシアのポピュラーソングをカバーする意味
http://kazujakarta.blogspot.co.id/2015/08/blog-post.html
449回のアクセス

Wawancara (Yuk Kenal Lebih Dekat dengan Kazu-san! dari Japanese Music Radio)
http://kazujakarta.blogspot.co.id/2016/05/wawancara-yuk-kenal-lebih-dekat-dengan.html
101回のアクセス

いずれにしても、少しずつではありますが、僕たち (Projkt H2) Kazu&Hattoriがやって来た活動(ジャカルタ音頭の普及や服部氏によるインドネシアの歌拡散活動)も含め、興味を持ってもらえている人が増えてきたのであろうことは、間違いないでしょう。

これは、インドネシア語も日本語も記事内容もほぼ同じです。このような風が吹いて来たのかもしれませんね。

https://www.facebook.com/ProJkth2/



2016年11月10日木曜日

「UMB大学に呼ばれる」ジャカルタ音頭

UMB大学に呼ばれる」ジャカルタ音頭

Universitas Mercu Buana (UMB)の「日本クラブ」というイベントでした。


歌は作って歌いますが、インドネシア語があまり上手くない私です。でも稀にこのような催し物に呼ばれます。

20分程度の自己紹介と「ジャカルタ音頭」のご紹介とさらにご質問を受けさせていただきました。

なんせ「講演」(笑)の題名が、「Hayashi Nobuyuki Kazudari Jakarta Ondo となっていました。いつも思うのですが、この「Dari」はよくわかりません。この後に来るのは、普通会社名やコミュニティであったりと所属している団体の名前が付くのですが、僕の場合、「ジャカルタ音頭」の名前が一本立ちしてくれているおかげ(か?)で、お呼ばれする時はこのようになってしまう場合が多々あります。何かしっくりきません。
内容的には、ざくっと申せば、変な「外国人」であるとわかってもらえばそれでよいと考えていましたので、インドネシアに住む一般的な日本人とは違った経験のお話をさせていただきました。



テレビコマーシャル「Mirai Ocha」・テレビドラマ「Tasbih Cinta」・テレビバラエティ「Happy Show」・日本兵が出る戦争映画「Soegija」・日本を題材にした映画「La Tahzan」・NHKのテレビ「J-melo」・ラジオ「NHK国際放送のインタビュー」、「ジャカルタ音頭」アルバム制作・販売・新しいバージョン「ダンドゥットミックス」などなどについて、掻い摘んでお話させていただきました。

日本語の授業もつい最近始まった学校のようなので、日本についてあまり興味がない学生が多いのではないかと思いましたが、会場の3分の1程度は、今年の「JJMジャカルタジャパン祭り2016」に来ていたらしく、ケーブルテレビやYoutubeを通しての日本のドラマやアニメを見ている学生もいました。

また、今回初めて「ジャカルタ音頭」の歌詞を解説いたしました。この歌の「日本語」部分の意味をインドネシア語にしてご紹介。また「擬態語」「擬声語」なども入っているのでこれもご紹介させていただきました。雑談もなく聞いてくれたので嬉しかったです。
どんどん日本ファンが増えるように、私のできることはこれからもやっていきたいと感じました。何かあれば呼んでください。「はい喜んで!」

https://www.facebook.com/kazu.jakarta



2016年10月10日月曜日

今週末10月16日(日)【ジャカルタ音頭】を日本で

我々「プロジェクトは-ドゥア(ProjktH2)は、今週末10月15日~16日に行われる「日本インドネシアフェスティバル」代々木公園に出演させていただきます。16日お昼過ぎ「ラグラグ会」のステージ。




日本に居る大勢の「インドネシアファン(日本人もインドネシア人も)」の皆さまへは、プロジェクトとして二人が顔を合わせて歌わせていただくのは始めてです。

インドネシア・ジャカルタでの活動は、私「Kazu」が行い
日本での活動は、「Hattori」氏が行ってまいりましたが、
ここでやっと日本での活動を開始することができます。
皆様よろしくお願いいたします。



参考記事はこちらからどうぞ。
http://kazujakarta.blogspot.co.id/2016/08/2016.html

2016年9月9日金曜日

突然❢アクセス回数が多数。

本日僕の「SoundCloud」チャンネルを見てみたら、

最近には見られなかった多数のアクセス回数 24時間で59回!
さてこれは、その歌がたくさん聴かれていたのか?

https://soundcloud.com/kazu-jakarta



カバー曲「Terima Kasih Cinta」でした。日本語でカバーしています。

嬉しい限りです。
実は以前もいきなり100回近く行った時がありましたが、やはりこれも同じ結果でした。

自分の感想としては、結構伸び伸びと歌うことができた作品の1つでした。それが視聴してくれる方に伝わっているのかな?皆さんありがとう。

良い歌があれば、これからもカバーします。

2016年9月6日火曜日

「トンボ」を歌う「Cuong Al Tampani」・JJM2016パフォーマンスの感想(2)

Cuong Al Tampaniとのコラボレーション




今回去年もお手伝いさせていただいた、彼のバンドと1曲だけ、いっしょに「トンボ」を歌わせていただきました。ありがとうございました。

バンドのメンバーも既に何度も面識があり、冗談も交わしていた中でしたから、当日の本番の数時間前の打合せで、すぐに馴染むことができ、本番も楽しいひと時を過ごすことができました。

その他に、「乾杯」や「未来」や「ボンカル」イオゥン・フォルス( iwan fals )氏のカバー、トータルで4曲を彼らは演奏しました。

まだまだ、日本人コミュニティに不慣れな彼らなので、彼らのプロデューサーの1人「シギット」さんから、くれぐれも「ご挨拶」だけは丁寧にと承っていたので、始めと終わりの言葉は打ち合わせをしていました。とても上手くできました。

個人的には、彼の声がとても魅力的なので、この声で長淵さんの歌を歌うと心に入ってきます。そんな彼の素晴らしい声を是非、日本人の方々にもしっていただきたく思いました。

普段は、個人が開く小さなイベントから都市が開く大きなイベントまで幅広く、この「イオゥン・フォルス氏」のカバー曲を中心に活動しています。

Facebookは、
https://www.facebook.com/MS.CUONG/

Youtube チャンネルも持っています。
https://www.youtube.com/watch?v=BbA1pLLFAJg

2016年9月5日月曜日

スーパーマーケットの力は凄い!JJM2016パフォーマンスの感想(1)

まずは、ステージ裏でも、会場全般での縁の下の力持ちの方々へ、2日間お疲れ様でした。
自分は今回「ジャカルタ音頭とOsoji Yuk!」を歌わせていただき、
ミニステージとメインステージと掛け持ちで10回以上も舞台に上がらせていただきました。ありがとうございました。

もちろん、お手伝いしていただきた「Aiプロジェクト」の皆さん、ジャカルタお掃除クラブの皆さん、夜遅くまで、お疲れ様でした。

そこでまず初めにお話するのはこれ!
普段日本人の方々が訪れる日本食材販売スーパーマーケットさんの影響力です。

この「ジャカルタ音頭」はこのスーパーマーケットさんで、長年流していただいております。
思えば10年近くになりますか。

お店に買い物にいらっしゃる方々は、ある意味「自動的に」耳に入ってきてしまうBGMとなっております。(スーパーマーケットさんには感謝感謝のみです。)

この影響がこのステージの上からでもうかがえました。

ご家族が会場にいらして、我々のステージが始まり、「ジャカルタ音頭」が始まると、一瞬「え?」という表情をされ、すぐに笑いの表情に変わります。それが舞台の上から手に取るようにわかるのです。確認しただけで、左手の方に2組、右手の方に1組はいらっしゃいました。またその近くに居るお友達らしき人とも、この話をされている様子も想像できました。

2016年8月26日金曜日

第8回ジャカルタ日本祭り2016<ジャカルタ音頭&Osoji Yuk!>

コラボレーション「Kazu & JOC」




2016年9月3日【土】~4日【日】に「第8回ジャカルタ日本祭り2016」が、Parkir Timur Gelora Bung Karno(ジャカルタ グローラブンカルノ東側駐車場)で行われます。
土曜日はお昼から、日曜日は朝から

そこで我々「Kazu & JakartaOsojiClub (JOC)」は大小ある2つの舞台で合計12回のパフォーマーをやらせていただく事になりました。

プログラムは、ジャカルタ日本祭りのホームページより
http://jakjapanmatsuri.com/assets/img/frontpage/filler3.png

楽曲は「ジャカルタ音頭」と「Osoji Yuk」になります。

<♪ジャカルタ音頭>:新バージョン「ダンドゥットバージョン」
https://soundcloud.com/kazu-jakarta/jakarta-ondodangdut-mix4-mp3

<♪Osoji Yuk>:ジャカルタお掃除クラブ(JOC)のテーマ曲
作曲・編曲:Kazu / 作詞:Kazu&Jakarta Osoji Club)/歌:Kazu&JOCメンバーと子供たち)
https://soundcloud.com/kazu-jakarta/osoji-yuk


お時間のある方は是非、ご来場ください。そして歌って踊って一緒に楽しみましょう。
あのスーパーマーケット「パパイヤ」さんで流れている歌ですよ~❢

2016年8月24日水曜日

日本インドネシア市民友好フェスティバル2016で「ジャカルタ音頭」

日本インドネシア市民友好フェスティバル2016で歌います。

実は、日本には、インドネシアの歌を歌う会「ラグラグ会」というグループがとても活発に活動されています。

元々はインドネシアのジャカルタに本部を持つ会です。もちろん今でも活発に活動されています。
インドネシアのさまざまなイベントにも参加され、インドネシアの方々に喜ばれています。

主に東京や大阪の支部では日本のインドネシア領事館に招待されたり、あるいは彼らをご招待して、インドネシアの歌をいっしょに歌い友好を築いています。

そんな中、2016年10月15日から16日の両日、第7回日本インドネシア市民友好フェスティバルが代々木公園で行われます。

我々ジャカルタ音頭のためのプロジェクトである「プロジェクトハードゥア」Pro-jktH2(忍者服部とKazu)

は「ラグラグ会」の皆さまと、インドネシアファンの皆様を前に「ジャカルタ音頭」を熱唱できることとなりました。



スーパーマーケットの方にお聞きしたところ、この歌は、日本人社会では「日本へ本帰国」される方々が、このCDをお土産で買って帰られるとおっしゃっていました。
知る人ぞしるジャカルタお土産の1つとされているようです。

そこで、もし本帰国をされていて、ジャカルタの思い出が懐かしい方は、このお祭りに参加していただき、皆さんでこの歌を一緒に歌いたいものです。
あの時が蘇ってきます。

おそらくもうインドネシアでしか売られていないこのCDも数枚持って行きますので、お会いした方々にはお分けすることもできると思いますので楽しみにしてください。

http://indonesia-festival.com/


2016年7月25日月曜日

♬「Osoji Yuk!」がBSDのAEONモールで1日中流れている!

「Osoji Yuk !」が「ジャカルタお掃除クラブ」のメンバーやAEONの社員が「口ずさみ」、時には大声で、歌われ、AEONは1日中盛り上がりました。

朝の10時から始まり、休憩を挟み、午後3時より再開。

プラスティックパックを極力使うのは止めようというキャンペーンをAEONさん自身が発したイベントでした。

子供たちと「お掃除じじ!」と歌い終わった後、僕も面白がって「お掃除クラブ」の皆とAEON内を1階から3階まで練り歩きました。

携帯で動画を撮っていたのですが、後ろを振り返ることができずに、椅子に思いっきりつまずき、倒れるハプニングもありました。

まるでそこで働く従業員も応援してくれて、「デモ」を楽しんでいるような光景でした。

この歌はご存知のない方のために、少しだけご説明いたしますが、ジャカルタお掃除クラブのために作りました。作曲と編曲は自分がやり、詞は、お掃除クラブと話し合いをしながら、作って行きました。クラブに属する子供たちや家族みんなで作り上げました。

お聴きになりたい方はこちらからどうぞ!
https://soundcloud.com/kazu-jakarta/osoji-yuk

歌詞はインドネシア語と日本語で作られ、しっかりしたレコーディングスタジオで録音されました!



2016年6月23日木曜日

ベーシスト「Mr.Wima」からのLINE ( J-Rocks )


現在彼ら、J-Rocksは事務所も変わりいろいろ慌しい状況のようです。
彼らによれば、今年の1月ぐらいに旧事務所を抜け、新しいに事務所に移ったそうです。
そこで心機一転で、頑張って行こうしています。

そんな中、どうやらレコード会社は同じらしく、新しい事務所主導で、ニューアルバムが制作中です。
一方で、これを機会に日本へも本格的に出て行きたいという夢が再度強くなったようで、これについてもいろいろ模索をしているようです。

そこで今回のお話。
「Kau Curi Lagi」という大ヒット曲。間違えがなければ、インドネシア映画の「バージン」のエンディングテーマ曲にも採用されましたが、この歌を日本語にしてみるか?というやり取りをLINEでしたというお話。

この歌は縁があって、私自身も自分のチャンネルで日本語に直して歌っています。コンピュータの画面を前にしたものですが

。https://www.youtube.com/watch?v=XL8V1BwsX7s



よく話を聞いてみるとベーシストの彼が歌詞を付けていた。本人が言っています。
この歌詞の背景について聞いてみました。

「これは、過去からの特別な誰かに会い、突然、過去のすべての感覚が戻ってきて、彼の心をもう一度盗むという話です」

Ini cerita nya bertemu seseorang yang spesial dari masa lalu dan tiba tiba semua perasaan di masa lalu kembali lagi dan mencuri hati nya kembali。

そこで、当時この歌詞を訳していたことが蘇ってきました。
全体のストーリーは確かにこの通りであろうと思っていましたが、

とにかく音符の数が少ない、でも言いたいことはたくさんある。

この困難に立ち向かい、当時考えたのは、始めにこの主人公である彼の気持ち(結構やばい、心が揺れている心)を言ってしまおうと考え、

「Wuw やばいんだ、You舞う ひらひら」

という歌詞になったのです。という制作時のこぼれ話。

改めにさらに丁寧に、歌詞を考えなければならない状況になりそうな、今日この頃ですが。
その結果がまた出る日もあるかもしれませんので、お楽しみ!

結果はまた、ご報告いたします!

2016年6月3日金曜日

パパイヤフレッシュギャラリー「ブミマス店」に納品

昨日は、日本食スーパーマーケットパパイヤフレッシュギャラリー「ブミマス店」に「ジャカルタ音頭」付録「パパイヤソング&ダンドゥットミックス」を納めて参りました。

先日以来まであったのCDは、「パパイヤソング」が無い物でしたので、取り換えて参りました。とりあえずは、2枚しかりませんので、よろしかったらお買い求めください。


もちろん本店「ブロックM」メラワイ店にも補充をしておきましたので、こちらでもお買い上げいただけます!



2016年5月30日月曜日

Wawancara (Yuk Kenal Lebih Dekat dengan Kazu-san! dari Japanese Music Radio)

前にインタビューを受けたことを書かせてもらいましたが、
内容がわかりました。
以下は、Japanese Music Radio のインタビュー記事の抜粋

Kemarin saya sudah bilang bahwa  berwawancara dengan saya mingge kemarin..
jadi sekarang saya memperkenalkan kalimat kemarin sedikit..

yang semuanya tentang secara terperinci silakan baca di sini  juga ya..

--------------------------------------------------------------------------------------
Pernah denger lirik ini?
“Malu buang sampah semnbarangan, Malu buang sampah sembarangan, Keren buang sampah pada tempatnya…”
Lirik tersebut merupakan penggalan lagu dari “Osoji Yuk!” yang diciptakan oleh laki-laki berkebangsaan Jepang, Kazu Hayashi. Lahir pada 9 Mei, lelaki yang akrab dipanggil Kazu-san ini yang menciptakan lagu Osoji Yuk! loh!
Ternyata, Kazu-san sudah tinggal di Indonesia selama 17 tahun lho, J-Friends! Sugoi! Alasan Kazu-san sendiri adalah ingin menggabungkan lagu Jepang dengan lagu Indonesia. Kazu-san yang sudah akrab dengan dunia musik memulai karirnya saat di bangku SMA dengan membuat sebuah band. Ketika menjadi mahasiswa, Kazu-san juga berkarir di dunia musik, tepatnya di Tokyo. Pada 1987, Kazu-san mulai membuat rock band bernama Degrees dan malang melintang selama 2 tahun di Tokyo. Di tahun 1988, Kazu-san memulai debutnya untuk komposer dari perusahaan Victor Music, untuk membuat jingle dan lagu untuk artis baru selama 3 tahun. Pada 1991, Kazu-san menjalani solo live di Tokyo selama 5 tahun lebih.
Nah, pada 2003 Kazu-san hijrah ke Indonesia dan memulai live bersama composer di Indonesia nih, J-Friends!
Yuk kita sesi tanya jawab dengan Kazu-san :
Lagu coveran dari penyanyi atau band Indonesia yang pertama kali Kazu-san bawakan di Indonesia?
“Lagu-nya ada I Will Fly by Ten to Five dari Show Jakarta Culture Club, Cinta ini Membunuhku oleh D’Masiv, bisa diakses di youtube Kazu Jakarta, ada juga lagu dalam bahasa Jepang yaitu 11 Januari by Gigi dan Munajat Cinta-nya The Rock.”
------------------------ berikut---------------------------



waktu itu mereka mau bikin album baru, tapi belum di release lagi.
mungkin tahun ini ya...

2016年5月27日金曜日

スーパーマーケット「パパイヤ」で買える付録付き「ジャカルタ音頭」音楽CD

ジャカルタ音頭がインドネシアで唯一売られているのが、ジャカルタにあるスーパーマーケット「パパイヤフレッシュギャラリー」さん。

bisa dibeli "Album Jakarta Ondo" 
dengan lampiran ”Jakarta Ondo Versi Dangdut & Papaya song ( lagu supermarket papaya )"

ブロックMのムラワイ店は、もちろんブミマスアパート店でも手に入ります!
でも先日見た所、ブミマス店さんの商品は、「パパイヤソング」が入っていないバージョンでしたので、来週には交換しておきますのでよろしくお願いします。

ちなみに、付録として収録されているのが、「ジャカルタ音頭ダンドゥットミックス」と「パパイヤソング」です。


さらに本店のムラワイ店さんの在庫が切れていたので、先日補充しておきました。これも重ねてご案内申し上げます。

皆買ってね!


2016年5月25日水曜日

【Japanese Music Radio】からインタビュー

先日書面でこのインターネットラジオよりインタビューを受けました。
このラジオは、日本の音楽に興味がある若者から支持されているインドネシアのラジオです。
このTwitter、Facebookやホームページは、最近の日本の音楽事情を取材して、更新している団体です。
またさまざまなDJが居て、それぞれに興味のあるアーティストを取り上げているのも、興味深いです。
もちろん音楽プロデューサーが居るのでしょうけれど、DJの自由度が高い所で、さまざまな日本音楽を紹介してくれています。

今回、インドネシアで「コンポーザ」として活動している僕ということで紹介されていますが、
このインドネシアの現場で活動している日本人はおそらく「Kazu」私だけでしょうから、
その辺も興味を持っていただいた理由の1つでしょう。

この場を借りて、【Japanese Music Radio】の「Dalilla Uzma Kaspuri」ちゃん。ありがとう。

ファンの皆さまへ
是非、日本に「ジャカルタ音頭」を広めたい、これからも応援よろしくお願いいたします。
日本にも行きますので、是非呼んでください。


2016年4月26日火曜日

Osoji Yuk ! 「ジャカルタお掃除クラブの歌」レコーディング終了。Vol.2

このジャカルタお掃除クラブの歌「Osoji Yuk」は仮題「お掃除音頭」でした。

自分で言うのも変ですが、やはり「ジャカルタ音頭」のパワーを感じてもらっているのでしょう。
さらにジャカルタの知名度も高い物なのであろうと思われます。

ジャカルタに住まわれて、日本食材を買いにスーパーマーケット「パパイヤ」さんに数度行けば、覚えてしまう歌でもあります。さらにスーパーマーケットで流れている「Papaya応援歌」も印象に残る歌であると言っていただいております。さらにさらに、この歌の曲名を「パパイヤ音頭」と間違われている方もいるぐらいですから。音頭という名前が、勝手に一人歩きしているようにも見えます。
ここで改めて、ファンの皆様には御礼を申し上げさせていただきます。

彼はレコーディングのエンジニアでもあり、プロのギターリストでもあります。



さて、この歌ですが、下記のリンクからいつでも聴くことができるようにいたしました。どうぞご視聴ください。

歌詞の一部をご紹介いたしますと インドネシア語と日本語の両方で構成されています。
malu buang sampah sembarangan
malu buang sampah sembarangan
malu buang sampah sembarangan
karen buang sampah pada tempatnya.
poi sutesuru no haz kashi  (ポイ捨てするのは恥ずかしい)
poi sutesuru no haz kashi (ポイ捨てするのは恥ずかしい)
poi sutesuru no haz kashi (ポイ捨てするのは恥ずかしい)
karen buang sampah pada tempatnya.

Lagu Jakarta Osoji Club
OSOJI YUK!!
ジャカルタお掃除クラブのテーマソング
~オソウジユッ!!~
Lyric : Kazu & Jakarta Osoji Club
Composed : Kazu
Vokal : Kazu
Backing choras : Bunge & JOC Jr.
Recording engineer : Kinwi
Produced by : Tsuyoshi Ashida


2016年4月25日月曜日

Osoji Yuk ! 「ジャカルタお掃除クラブの歌」レコーディング終了。Vol.1

昨日「2016年424日(日)」は、僕にとってもまた、新たな記念日になりました。
ジャカルタお掃除クラブの皆、子供たちありがとう。

この歌は、代表の「芦田」さんが中心になっているコミュニティ「ジャカルタお掃除クラブ」テーマソングです。


彼らの活動自身は、以前から知っていたのですが、是非一度は参加したいと思っていた所「歌」のお話をいただきました。

まず考えたのは、インドネシアの子供たち自身が、この運動を積極的に広めていったら、この運動はインドネシアの方々にもっともっと広がって行き、最後には大人を動かすようにもなっていくのではないかと考えました。

そのようなお手伝いができればこれはまた、最高ではないかとも考えました。

そこで、歌を聴きながら、歌いながら楽しくお掃除できるような、そんなイメージを考えていました。また子供たちの歌でもあるこの歌は、子供らしさが出るような、背伸びをして表現するというよりは、彼らが自然と表現できる物を考えていました。(つづく)

ジャカルタお掃除クラブのメンバーによるYoutubeも発表されましたので、ご覧ください。



2016年3月29日火曜日

ジャカルタ音頭を広めるために「日本にも行きます❢」

今年は、日本でもインドネシアでも関係なく、出掛けて行きます。
この「ジャカルタ音頭」を知らしめて参りますので、
ご興味のある団体様は、是非ご連絡ください。お待ちしております。

日本とインドネシアに関係するイベントなど「日イ友好」になるものであれば参上いたします。2016年は動きます❢

私のやりたい事は、「インドネシアと日本を音楽で繋げたい」両国に興味を持っている人たちに両国の歌を、素晴らしさを、両国のためになるように伝えていきたいということです。
http://kazujakarta.blogspot.co.id/2016/03/nhk.html

去年10月に行われた第一回もみじ祭り(2015年11月7~8日)の写真。
1.弾き語りのソロでインドネシアの歌をカバーしている様子
2.ジャカルタ音頭ダンドゥットを会場の皆で歌って踊っている様子
https://www.youtube.com/watch?v=Mwp6LXBxv18




お問い合わせお待ちしております!
インドネシア語でも日本語でもOKです。

rizu.chan@yahoo.co.id ( Bahasa indonesia )onlyonejkt@yahoo.com (日本語)




2016年3月14日月曜日

「NHK紅白歌合戦」ってどうしたら出れるのか?

友人と話をしていて..

このような話を複数の友人とマジで話をしたことがありましたが、先日またその話になり。
去年からこの話は、<ブログの紹介分にも書くようになりました>

私のやりたい事は、「インドネシアと日本を音楽で繋げたい」両国に興味を持っている人たちに両国の歌を、素晴らしさを、両国のためになるように伝えていきたいということです。

その中での一つの通り道として、「NHK紅白歌合戦」に出て、日本の多くの皆さんに、僕たちの活動を通じて「インドネシア」の一面ではありますが、お伝えしたい。

ですから、そのためには、草の根運動が必要。だから今年は特に、日本でもインドネシアでもさまざまな場所へ出掛けて行って、この歌を紹介し、皆様と楽しんでいきますと。語っていました。

ですから、皆様(ブログをご覧の方々)の中で、もちろんどなたでも結構ですが、日本でもインドネシアでも、この私の希望に合致するようなことがございましたら、ご連絡をいただきたく存じます。

よろしくお願いします。Kazu
onlyonejkt@yahoo.com


2016年3月7日月曜日

インドネシアのカバー曲とオリジナル曲の5曲で10.000回以上のアクセスを達成中

以下の曲がまとめられたソングリスト「The Songs by Kazu Jakarta」 

  1. Jakarta Ondo Dangdut MIX 
    ジャカルタ音頭のダンドゥットミックスバージョン
  2. Terima Kasih Cinta (Cover) dgn bahasa jepang
    No.1インドネシアポップスシンガー「アフガン」の大ヒット曲を日本語入れてのカバー
  3. スーパーマーケット「パパイヤの歌」Japanese Supermarket "Papaya Song"
    お馴染みのお店の歌です!
  4. Bergandengan tangan (手をつなごう! )
    インドネシアの若者が好きでいてくれている「ファンク系のオリジナル曲。
  5. " Otsukare sama ! "
    J-Rocks(インドネシアロックグループ)とのコラボレーション曲。インドネシアチカランという工業団地のお祭り「サクラ祭り」で彼らといっしょに歌った歌でもあります。
  6. 元気 Semangat !!!
    この歌は、とにかく「叫びまくった」歌です。自分のキャラを崩してまでも歌っています!


サウンドクラウドというSNS(Social Networking Service)にて、私のソングリストが合計で10.000回以上のアクセスを達成しています!
The Songs by Kazu Jakarta 
https://soundcloud.com/kazu-jakarta

是非一度は聴きに来てくださ~い。

2016年2月18日木曜日

とうとう映画の封切りが決まりました❢

「Trailer Film Abdullah & Takeshi - Fix di bioskop 24 Maret 2016!」

この映画は、日本での撮影もあり、日本人がたくさん出ております。
東京やジャカルタなどさまざまな場所での撮影がされて、ジャカルタでも数名の日本人がキャスティングされて、出演しています。

そんな中、僕もちょい「役」で出ています!hahaha....
前回のブログがそれでした❢

コメディとシリアスが混ざった面白い内容に仕上がっているようです。
これは、日本人が見ても笑える映画かなと思います。

3月24日に放映が決まったようなので、お暇の方がありましたら、インドネシアの映画館でご覧ください。